住環境の大切さ|不動産によって住みやすさが変わる

自宅づくりを頼める人

模型

家を建てるパートナー

すでに家が完成している建売住宅は手軽で、注文住宅よりコストがかかりにくいという特徴を持つ。しかし、「自分の家なら設計段階からしっかり自分も関わりたい」「外装や内装にこだわってしあげたい」と考える人も少なくない。こうした人たちが選ぶのは設計事務所と建築に深い造詣をもつ設計士や建築家といえるだろう。大阪には有名な設計事務所も数多くあり、ローコスト住宅や狭小住宅を得意とする設計事務所もかなり多い。設計事務所を探す時に重要なのは建築家と依頼主である自分との相性だ。大阪であれば日に幾つもの事務所を訪れたり、建築家と話す機会も多いだろう。大阪という立地を活かし、まずは建築家と相対してから、自分の思いを理解してくれるのか、感性が似ているのかという部分を模索するべきだ。その後、これまでどのような住宅を手がけてきたのか、どんなアイディアを住宅に反映させてきたのかなどをチェックしておいた方がよい。デザイン性に優れている、自分の理想を形にしてくれる、と言ったポイントは重要だ。しかしながら、工期や費用、スタッフとの連携も重要なポイントであることに変わりはない。だからこそ設計事務所を探すときには、設計士との関係性、これまでの建築、費用やディレクティング能力などもチェックすべきなのだ。大阪にはよい設計事務所があるからこそ、自身で足を運びながら何度もやり取りを続ければ、自分と相性の良い設計事務所や設計士を見つけることもできるだろう。