住環境の大切さ|不動産によって住みやすさが変わる

ワケあり物件を購入する

女性

ポイントは心理的抵抗感

東京における不動産の価格水準は非常に高く、住宅の購入には多額の資金を必要とします。ただ、そんな東京にも、事情によって価格が安く抑えられている物件が数多く存在します。いわゆる「ワケあり物件」というものですが、その最たるものが事故物件です。事故物件とは、その住宅の建物内や敷地内で人が死亡したことのある物件のことをいいます。明確な定義はありませんが、死亡原因が自殺・殺人・事故など自然死以外のもので、その事例が発生してからあまり時間が経っていないものを指す言葉です。事故物件は、どことなく不吉であるという理由から買い手がつきにくく、売却価格が相場より割安となるのが一般的です。そのため、まったく気にならない人にとっては、低コストでマイホームを購入するのに格好な物件となっています。事故物件を購入するには、まずは情報収集から始めます。インターネット上には、事故物件専門の情報サイトがいくつかあります。東京は大都会である分、事故物件の数も多く、探すのは比較的容易です。また、一般の不動産情報サイトの中にも、「事故物件東京」などとキーワード検索することで該当物件を探し出せるものがあります。購入する際の手続きそのものは、一般の物件と変わりません。仲介業者に連絡を取り、物件の内見を行った後、売主と購入契約を交わし、代金の支払い後に登記の変更を行います。ただ異なるのは、事故物件の場合は購入契約の前に行われる重要事項説明の際に、仲介業者側に告知義務があることです。購入者はこの時に事故発生の事情や経過について詳しい説明を受け、それによって購入意志を最終確認することになります。